• 女性ホルモン・更年期 早わかり辞典
  • 女性ホルモン・更年期 丸わかり辞典
  • 自分の体を知ろう 更年期チェック
  • 更年期を乗り切る サプリメント・治療法
  • HIROのメディカル・コラム

更年期障害 女性ホルモン&更年期 丸わかり辞典

更年期には何が起きるの?

更年期はホルモンの低下が起きることはどなたも知っていますが、実際はどのような事が体内で起きているのでしょうか。

この状況を知っておくと気分的に落ち着きをもてると思います。

卵巣の老化

年を取るにつれて体の臓器機能が低下していくのは自然の流れ。

ところが、女性の場合は特別で卵巣だけは早い人で30歳台半ばより老化が始まり、更年期になると卵巣機能はかなり低下します。

頭の中はパニック状態

卵巣機能が低下してくると卵巣刺激ホルモンの影響を受けても十分に卵巣が機能してホルモンを分泌しにくくなります。

このため、月経が不順になったり、排卵も起きなくなったりします(無排卵性月経)。

しかし、血中におけるホルモン濃度が低くなった事をうけ、ホルモン分泌の司令塔である視床下部より「もっとホルモンを出せ!」と性腺刺激ホルモンをどんどん分泌していきます。

しかし、残念なことに既に卵巣ではその指令に応えるだけの力がありません。そこで、さらに視床下部は卵巣が働いてないことにエスカレートしてホルモンを分泌するように性腺刺激ホルモンを分泌しメッセージを伝えて続けるのです。

そうなると、脳の中ではパニック状態。その連鎖反応的に脳の中にある自律神経中枢がこの影響を受けてバランスが崩れてしまうわけです。

この自律神経というのは自分の意思とは無関係に働く神経ですので、心臓・呼吸・体温といった点をコントロールしています。

しかし、これが不調となれば、動機や息切れ、急なほてりや冷えといった事が意識とは無関係に起こるわけです。

また、ホルモンバランスの乱れは精神的にも影響を与え、不定愁訴や精神神経症状を起こすこともよくあります。

しかし、これらは全て女性に起きるものでもなく、男性ホルモンの面から見ても男性にも起きます。最近は男性更年期障害と言った言葉も良く耳にしますね。

このような変調はホルモンの低減といったことだけでなく、その方の感受性や生活環境においてもかなりの差がでてきます。

PageTop

丸わかり辞典TOP
女性ホルモンについて
生理について
エストロゲンの働き
植物性エストロゲン