• 女性ホルモン・更年期 早わかり辞典
  • 女性ホルモン・更年期 丸わかり辞典
  • 自分の体を知ろう 更年期チェック
  • 更年期を乗り切る サプリメント・治療法
  • HIROのメディカル・コラム

更年期障害 女性ホルモン&更年期 丸わかり辞典

更年期の兆候は

更年期の兆候としては、皆さんもご存知のように月経の乱れに現れます。

今まで規則正しく起こっていた月経が短い周期で訪れるようになります。人によっては、月に2回も月経がくることがありますが、月経血そのものの量は少なくなるのが一般的です。

その後この時期を過ぎると、間隔が短くなったり長くなったといったように月経周期は乱れがちとなり、月経がダラダラ続いたり、短期間で終わるなど今まで規則正しく起きていた月経にさまざまな変化が起こりだします。

そして、やがてその月経周期も長くなっていき、閉経を迎えます。

一般的には規則的な月経があった最後の時より1年以上も月経がなければ、閉経と考えられます。

そして、月経がみだれはじめたころから現れるのが更年期障害です。

これは今までに体験したことがないような多彩な体の変化を感じます。この変化はポツンポツンと一つずつでたり、幾つかの変調が複合的にでたりします。

そのなかでも自律神経の働きが乱れて起こる典型的な症状が「ホット・フラッシュ」といわれる発汗とのぼせです。気温と関係なく突然上半身がカーッと暑くなり、発汗します。

発汗の仕方もジヮーっとしたスポーツでかく汗(さっぱり系の汗)とはちがういやな感じの汗であったり、あるいは吹き出るように汗が出たりと個人差があります。そして時には、動悸やめまいを伴うこともあります。

ホット・フラッシュにおいては一日数回起こるという人から、何日かに一度というように個人差が多くでやすいです。

他には、冷え性、下半身の太り、浮腫み、耳鳴り、不眠(寝つきが悪い、すぐ目覚める、眠りが浅い)、疲労倦怠感、頭痛、肩こり、腰痛、トイレが近い、性交痛なども多い症状です。

頻尿や性交時の痛みは訴えにくいものですが、実際はかなりの人が悩んでいるといわれます。また、こうした症状が特に強く現れる人もいます。

決して恥ずかしいことではなく、自然の流れから出てくるものですので、一人で悩まずに医師にご相談ください。

医師もこのような悩みは日々いっぱい相談されていますので貴女だけが特殊なわけでなく、恥ずかしがる必要は全くありません。

また、イライラと神経質になったり、何でもクヨクヨと考え込んでしまう、あるいは気分が落ち込んで誰にも会いたくない、話したくない、何もしたくないといった精神面での変調も現れ、自律神経失調症と似たような症状もあらわれてきます。

PageTop

丸わかり辞典TOP
女性ホルモンについて
生理について
エストロゲンの働き
植物性エストロゲン