• 女性ホルモン・更年期 早わかり辞典
  • 女性ホルモン・更年期 丸わかり辞典
  • 自分の体を知ろう 更年期チェック
  • 更年期を乗り切る サプリメント・治療法
  • HIROのメディカル・コラム

更年期障害 女性ホルモン&更年期 丸わかり辞典

更年期になりやすい人は?

最近、高年齢化が進み健康問題が特にクローズアップされてきました。

その中でもあまり取りざたされてなかった「更年期障害」という言葉をTVや雑誌等で非常によく耳にするようになりました。

でも、この障害について誤解も多いようです。

たとえば貴女は更年期とは閉経後に起きる中高年女性たちだけの体の悩みと思っているのではないでしょうか。

更年期とは、女性ホルモンを分泌する卵巣の働きが衰えて停止し、女性ホルモンが欠乏した状態で体が安定するまでの時期を意味しますが、具体的には、閉経をはさんでその前後10年くらいの周期を指しています。

今、日本女性の平均的な閉経年齢は、50歳ぐらいで、45歳から55歳くらいまでの10年間をさすわけです。

ただし、これには個人差も大きく、最近はこの時期が早まってきており30代後半から卵巣の機能が衰えはじめ、更年期障害のような症状になる人も多くおります。

これらにはいろいろな原因がありますが、若い頃に無理なダイエットを繰り返したり、不規則な生活や食事を続けてきたといった生活、仕事などのストレスによるものまで多様です。

一方、更年期を迎えればだれでも更年期障害に悩まされるわけではありません。

知らぬ間に過ぎてしまった、ほとんど気にならならなかったという人もいれば、寝込むほど体調が悪く、掃除・洗濯・料理も満足にできないといったひどく悩まされる方までおります。

では、この差は一体どうしておこるのでしょうか。 そこにはホルモンバランの乱れが大きくかかわってきます。

女性ですからホルモンの低下は誰にも起こりますが、それを早めたり遅くしたりする上で時間ではとらえられない原因があります。

その一つとして、その人の生き方や考え方など心の問題や生活環境などが大きく影響するといわれています。

たとえば、ストレス。
仕事のストレス、親の看護、夫の職業問題、子供の受験問題や教育問題などストレスが重なると、更年期障害の症状も一般の方より早く訪れたり、あるいは重くなる傾向があります。

あるいは今まで何でもしっかり完璧にやってきた方にとっては「どういうわけか思うようにできなくなった。

気分がのらなくなった。こんなのは自分ではない!もうこんなのいやだぁ!!!」などと自分の状態に対し精神面で落ち込み、うつ症状などが重くあらわれる事もあります。

また、この様な精神面での変化は依存症や神経質な方・まじめな方に起こりやすい傾向があると報告されています。

しかし本来、更年期の時期は子供も成長しやっと面倒から解放され、身軽になれる時期でもあります。

つまり、これから自分の趣味や主人と共に楽しい時間を過ごせる時期でもあるわけです。ですから、まさに「第2の人生スタート」。

ご主人とデートを重ねたり、旅行を楽しむといった明るい気持ちを持てる時期がやってきたと、むしろ考えるべきでしょう。

PageTop

丸わかり辞典TOP
女性ホルモンについて
生理について
エストロゲンの働き
植物性エストロゲン