• 女性ホルモン・更年期 早わかり辞典
  • 女性ホルモン・更年期 丸わかり辞典
  • 自分の体を知ろう 更年期チェック
  • 更年期を乗り切る サプリメント・治療法
  • HIROのメディカル・コラム

植物性エストロゲン 女性ホルモン&更年期 丸わかり辞典

植物性エストロゲン

植物性エストロゲンとは何か?

エストロゲンとは本来女性の卵巣から分泌されている卵胞ホルモンのことです。

しかし、天延の植物の中にも同じような成分構造式を持つことから、本来のエストロゲンと同じような作用を持つ物質があります。

これを植物性エストロゲン:英語ではPhytoestrogen(フィトエストロゲン)と呼んでいます。この成分は最近では大豆ブームで人気なりましたが、他にもプエラリアミリフィカ・ワイルドヤム・レッドクローバーなどにも存在します。

どのようにして発見されたのか?

アジアの女性と欧米の女性の乳ガンや更年期障害の状況を調べたところアジアの女性にはこの症状が少ない事から、西洋医学の専門家が食生活の観点からその原因調査を行いました。

その結果、普段の食生活でとられている大豆に原因がある事がわかりました。

そこで、大豆の中にふくまれている成分を詳しく調べたところ、エストロゲンに似た構造をもった成分がふくまれている事がわかり、これが体内においてエストロゲン的な作用を行う事がわかりました。

そこで、これを「植物性エストロゲン」と名づけることにしました。

植物性エストロゲンの種類

実は「植物性エストロゲン」というのは幾つかの成分をまとめた名前、総称です。

科学的にはイソフラボン類とリグナン類という2種類なのです。

この中でも今はイソフラボンがよく知られています。

どのように作用するのですか?

エストロゲンが作用を発揮するためには、体の細胞のレセプターと呼ばれる受容体に取り込まれなければなりません。

野球にたとえるならエストロゲンが「球」、受容体が「グローブ」といった感じです。

このグローブ(受容体)に決められたボール(エストロゲン)が入り込むといったイメージです。

植物性エストロゲンは女性の卵巣から分泌される本来のエストロゲンと似た構造式のためにこの受容体の中に入り込む事ができるのです。

これによって細胞は初めて命令通りに行動を起こし作用します。

どんな作用があるのですか?

エストロゲンが不足している状態では本来のエストロゲンに代わって植物性エストロゲンがエストロゲンレセプターに結合して不足分を補う方向に働きます。

このため、エストロゲン的な作用が起こることになります。

つまり、更年期障害や骨粗鬆症に対する改善効果、乳ガンの予防、動脈硬化の予防、骨密度低下の抑制、尿失禁、アルツハイマー病の予防等にも期待できる効果が認められているわけです。

逆に、エストロゲンが過剰な状況(たとえば、エストロゲンが多量に分泌される排卵直前の状況)では、植物性エストロゲンは本来のエストロゲンより薬理活性は弱いので過剰に分泌された本来のエストロゲンと競合して受容体に結合することによって、体内エストロゲンの本来の作用を弱める事ができるとされています。(無論、普通に月経がある人がかなり多量に取り過ぎると、逆に月経異常が起こりうる可能性もありますから、取りすぎは禁物です。)

どのような植物に含まれていますか?

プエラリア植物性エストロゲンの中でも代表的なイソフラボンはマメ科植物の成分の中に見られ、一般的に知られているのが大豆です。

しかし、近年になりタイ国に自生するプエラリアミリフィカの中に多くの成分が含まれている事がわかり今世界より注目されています。

 

 

摂り過ぎても問題はないですか?

自然界に存在するホルモン作用物質なので副作用はないとされていますが、すべての人に100%安全であるとは言い切れません。

また、植物性女性ホルモンは合成ホルモンではないので発ガン性作用はなく、女性ホルモン剤のエストロゲン剤と違い乳ガンや子宮ガンへの危険もありません。

しかし、月経がまだある女性が必要以上に摂取しすぎるとかえって月経異常(月経不順・無排卵など)が起こる可能性がないとは言い切れません。

つまり、なんでも多く取ればいいといったものではありません。

あくまでも、バランスが大事である事は忘れないようにしてください。

PageTop

丸わかり辞典TOP
女性ホルモンについて
生理について
エストロゲンの働き
更年期障害