• 女性ホルモン・更年期 早わかり辞典
  • 女性ホルモン・更年期 丸わかり辞典
  • 自分の体を知ろう 更年期チェック
  • 更年期を乗り切る サプリメント・治療法
  • HIROのメディカル・コラム

植物性エストロゲン 女性ホルモン&更年期 丸わかり辞典

イソフラボンとは何か?

大豆「イソフラボン」は天然の植物のみに存在し、植物性エストロゲン(フィト・エストロゲン)と言われ、この名のとおり「エストロゲン」と同じ分子量をもち、構造もよく似ています。

このため「エストロゲン」と同じような効果がありますが、作用は穏やかです。

今アメリカをはじめ、全世界で女性の美容・健康分野にその利用がもっとも注目されています。

その理由は効果の一つである「美肌・美白効果」にあります。

これは大豆に含まれるイソフラボンにより「味噌をつくる職人さんの手は白く肌ツヤがよい」と言われていることでもよく知られていますように、美肌・美白効果のほかにも、豊胸効果、生理不順の改善、脂肪分解作用による体重増加の抑制、コルステロールの低下、乳がんの予防、更年期障害の予防、動脈硬化の予防(脂肪の酸化を抑える抗酸化作用)、骨密度低下の抑制、尿疾禁、アルツハイマー病の予防等にも期待できる効果が認められています。

プエラリア今まで「イソフラボン」は主として大豆より抽出しておりました。

しかし、タイに自生するマメ科の植物「プエラリア・ミリフィカ」が発見された今、その含有率が大豆に比べはるかに高い事が分かり、さらにイソフラボンよりも活性度が100倍高い「ミロエステロール」と1000倍の「デオキシエステロール」といった成分が含まれていることが判明しました。

これは植物においてプエラリアにしかふくまれておらず、今後の健康・美容分野での利用が大いに期待されています。

PageTop

丸わかり辞典TOP
女性ホルモンについて
生理について
エストロゲンの働き
更年期障害