• 女性ホルモン・更年期 早わかり辞典
  • 女性ホルモン・更年期 丸わかり辞典
  • 自分の体を知ろう 更年期チェック
  • 更年期を乗り切る サプリメント・治療法
  • HIROのメディカル・コラム

HIROのメディカル・コラム

犬のダイエット薬完成

【犬向けの肥満治療薬】

今やペットの役目は社会的にも重要なものとなってきている一方、過保護の問題も起きています。

その中で犬の肥満が深刻な問題となっている米国。その食品医薬品局(FDA)が5日、犬向けの肥満治療薬を初めて認可し、ペット向けのやせ薬が始めてお目見えしました。認可されたのは米製薬大手ファイザーの飲み薬「スレントロル」というもので、食欲を抑え、脂肪の吸収を少なくして体重を減らす効果をもっています。

 FDAによると、米国内では理想体重より20%以上重い「肥満」の犬が全体の5%、それよりは程度は軽いが「太り過ぎ」と言える犬が20-30%いるとのことです。無論、犬でも人間と同じように太り過ぎると糖尿病や心臓病、関節障害の危険性が増してきますから、犬におっても飼い主にとってはこれは一大事なこと。

この薬の認可が出たあと、ダイエットを望む人が「もしかしたら自分もこれを飲めば痩せるのでは・・?」といった期待をもたれることに対し、その注意書きの中に、この薬は飼い主などの人間が飲むと腹痛や下痢などの副作用があるため「人間は飲んではいけません」との注意書きを付けることをメーカーに義務づけているとのことです。

提供:ワシントン共同通信社  1月

PageTop

コラム一覧へ戻る