• 女性ホルモン・更年期 早わかり辞典
  • 女性ホルモン・更年期 丸わかり辞典
  • 自分の体を知ろう 更年期チェック
  • 更年期を乗り切る サプリメント・治療法
  • HIROのメディカル・コラム

HIROのメディカル・コラム

究極のリモコン考えるだけで作動する

 身体の運動機能を完全に失った難病患者でも、頭の中でしたいことを考えればテレビのチャンネルも変えられる----。日立製作所基礎研究所がこんなシステムの基礎技術の開発に成功した。これはい一方では人を怠け者にさせてしまう可能性もありますが、ここでは正当な考え方をいたしましょう。あくまでの不自由な方への支援です。
そのシステムの方法は人の思考に伴う脳内の血流量の微妙な変化をコンピューターで測定し、その信号をネットワークで電子機器に送る仕組みです。
将来は電動ベッドや車イスなどの福祉機器への応用も期待がされてくるでしょう。特に私は非尿処理などの技術に応用を考えてもらいたいと思っています。多分、この内容にかんして他人に頼むことが一番いやと感じているでしょうから・・・。早くこうした悩みから解放してあげたいと願っています。
 このシステムは、人体に安全な近赤外光線を頭皮上から照射して、その思考によって脳内の血流がどこでどの程度、変化するかを画像化できる脳機能測定法「光トポグラフィ」がベースとなっています。
ですから専用のキャップ(帽子)状の血流測定器を頭にかぶり脳活動の状態を測定することになります。この技術は2005年には、病状が進行した難病であるALS(筋萎縮(いしゅく)性側索硬化症)患者が「はい」「いいえ」の意思表示ができるといった装置に実用化されています。
 日立基礎研の研究チームはこの装置をさらに発展させ、2006年秋には小型列車模型を使って、人が動かなくても暗算や暗唱をすれば列車が動き、やめれば止まる実験を成功させています。さすが日立。1000人近い博士を抱える日立グループならでは出すね。でも最近は家電事業は衰退の一歩を歩んでいるように思えますが。話が脱線。元に戻りましょうあ。

こした暗算の際に脳内で脳の司令塔だといわれている「前頭前野」が活発に働くことに着目し、「光トポグラフィ」でその部分の血流量の変化を測定。電圧信号に変換し、暗算を「やる」「やらない」で模型列車の電源のオンとオフを切り替えられるようにしたわけです。
そして思考だけでテレビなど電子機器を動かす技術は、これをさらに応用・発展させるものなのでです。将来的にはテレビのスイッチをオン・オフさせるといったことだけでなく、見たいチャンネルに切り替えられるようにしたい考えだそうです。
脳科学とIT(情報技術)の結合がこういうところにも発揮されているのです。

                             記事提供:毎日新聞社

PageTop

コラム一覧へ戻る