• 女性ホルモン・更年期 早わかり辞典
  • 女性ホルモン・更年期 丸わかり辞典
  • 自分の体を知ろう 更年期チェック
  • 更年期を乗り切る サプリメント・治療法
  • HIROのメディカル・コラム

HIROのメディカル・コラム

一体なぜ疲れるの?

疲労に関しては精神的な疲労と肉体的な疲労がありますが、ここでは肉体的な疲労について述べさせていただきます。

まず、その疲労について説明する前に体を動かすエネルギーがどこからきているのかを考えてみましょう。

私たちが体を動かすときに消費される物質、それが「アデノシン三リン酸(ATP)」です。
ATPは細胞のなかにあるミトコンドリアで作られており、「アデノシン二リン酸(ADP)」へ分解される時にエネルギーを出します。
これで筋肉が収縮できるわけで。でも、残念ながらATPはもともと筋肉中にはわずかしか含まれていないため、
使うたびにすぐに枯渇、産生しなくては活動を続けることができません。この時、利用されるのがブドウ糖です。

しかし、運動などの時には、ブドウ糖だけではエネルギーが足りなくなってしまいます。

このため次のエネルギー源となるのが、筋肉や肝臓に蓄えられたグリコーゲン。
これを分解することで、体は再びATPを産生できるようになるのです。
ところがこの代謝活動は酸素に依存せずおこなわれるためにATPと一緒に作り出される代謝福産物物質として「乳酸」が出来てしまいます。

この乳酸が多くなると、組織や血液が酸性に傾き、細胞の活動が低下してしまのです。
(酸化とは物が傷むこと、りんごが酸化すると切り口が茶色になることから想像できますね。)
そして、筋肉の収縮する力が落ちるために疲れを感じるようになってくるのです。つまり、この「乳酸」こそ、疲労の正体というわけ。

普通なら、乳酸は血液に運ばれて除去されていき時間が経てば疲労は回復しますが、
血液の流れの悪い人はなかなか乳酸が除去されないので疲労も抜けにくくなります。

PageTop

コラム一覧へ戻る