• 女性ホルモン・更年期 早わかり辞典
  • 女性ホルモン・更年期 丸わかり辞典
  • 自分の体を知ろう 更年期チェック
  • 更年期を乗り切る サプリメント・治療法
  • HIROのメディカル・コラム

HIROのメディカル・コラム

「いんきん」と「いんきんたむし」

いんきんとは、いわゆる「いんきんたむし」のことと思っていませんか?
「いんきんたむし」はいわゆる、白癬菌(カビウィルス)が股部に感染する疾患のことをいいますが、実はまったく違います。

「いんきん」とは陰のう湿疹ともいわれ、陰のうに限局された強いかゆみを伴う皮膚炎のことです。

「いんきんたむし」とはその原因が白癬菌による疾患で、太ももの内側に輪状に湿疹が広がり、辺縁部が堤防状に盛り上がり、非常にかゆい症状がでます。

ですから、「いんきんたむし」のような白癬菌の増殖を抑えるような水虫の薬を塗っても治します。

一方、「いんきん」はその原因が違います。陰のうでは角質が薄く、増殖できないため、陰のうの湿疹は接触によるもの、
あるいはアレルギーが原因だと考えられます。

ですから、ステロイドの薬などを塗って治します。「いんきんたむし」の薬を塗っても治りません。

しかし、陰部は薬剤の吸収が早いので、薬によっては副作用が生じるので注意が必要です。

PageTop

コラム一覧へ戻る