• 女性ホルモン・更年期 早わかり辞典
  • 女性ホルモン・更年期 丸わかり辞典
  • 自分の体を知ろう 更年期チェック
  • 更年期を乗り切る サプリメント・治療法
  • HIROのメディカル・コラム

HIROのメディカル・コラム

未承認薬の併用認める。

厚生労働省は公的医療保険が適用される保険診療と保険が適用されない自由診療を併用する「混合診療」について新制度を設けました。これにより、薬事法で承認されていない医薬品と医療機器を治療で使った場合でも、一定のルールに基づけば保険併用を認めることとなり、2008年4月から実施されます。

たとえば、ガンなどにおいて、現在は海外で使用されていても、国内で未承認の抗がん剤であれば、保険適用部分も含め全額が患者の自己負担となるのが原則でした。これは、使用基準があいまいだったため厚労省が原則禁止をしていたのです。
しかし、今回の新制度導入では「海外の新たな治療薬で試したい」という患者の切なる願いが実現するためのルール改正を行ったわけです。
創設されるのは「高度医療評価制度」。
具体的なルールとしては
(1)国内外の使用実績があり、安全性と有効性が期待できる医薬品や機器であること。
(2)合併症や副作用、費用について、患者や家族からの同意。
(3)病院内の倫理審査委員会で計画を承認。
などが必要となってきます。
このため実施機関は、主に大学病院や同様の技術水準を備えた病院となるものの、厚労省に申請し認められさえすれば保険併用となるのです。明るい展望ですね。

情報提供:共同通信社

PageTop

コラム一覧へ戻る