• 女性ホルモン・更年期 早わかり辞典
  • 女性ホルモン・更年期 丸わかり辞典
  • 自分の体を知ろう 更年期チェック
  • 更年期を乗り切る サプリメント・治療法
  • HIROのメディカル・コラム

HIROのメディカル・コラム

臓器摘出事件

今回インドで家族の同意のみで脳死者からの臓器摘出を可能にする法改正に着手した裏には、この2月にインド連邦捜査局が摘発した大がかりな臓器密売の事件が端を発していたそうです。

 昨年10月上旬、体調不良で病院を訪れたアジェさん(35)は、レントゲン写真を手にした医師の言葉に耳を疑った。

以前、アジェさんはあっせん組織の紹介で、ニューデリー郊外のグルガオンにある医師、アミッド・ブルマ容疑者(40)の診療所に送られたことがり、そこで「内臓が悪く手術が必要」と言われた後、睡眠薬で眠らされて意識がない間に腎臓を摘出されてしまっていたのです。

3週間後、アジェさんはレントゲン写真に驚いて警察に駆け込み、捜査は始まりました。1月には共犯の医師5人が逮捕されたものの、ブルマ容疑者はネパールに逃亡。しかし、捜査局から国際手配により、2月7日、地元警察に捕まりました。

調べで、ブルマ容疑者らは1996年から臓器密売を始め、腎臓を約13万円で「購入」、これをなんと外国人の患者に560万円前後で「販売」、約25億円という膨大な荒稼ぎ行っていたとのことです。逮捕までに約500人の腎臓を摘出し、提供患者は米英仏やアフリカ各国が中心だそうです。

この事件では、インド人医師8人がネパールや国内の犯罪組織と手を組み、貧しい人々に「仕事を紹介する」からと言ってだまし、健康診断を受けさせ、本人に無断で臓器を摘出、これを外国人の患者らに売るといったことを繰り返していました。今回の捜査ではそのルートの裏には国際的なネットワークが介在していることが移植を受けた外国人患者の逮捕によりわかり、このルートの解明も今後なされそうです。

しかし一方では、この事件はほんの氷山の一角にすぎません。捜査官の話では「もし、アジェさんに犯人らが報酬をちゃんと支払われていれば、事件は今なお発覚していなかったかもしれない。」といった声も聞かれます。親が自分の子の臓器を売ることもあれば、知らぬ間に臓器を取られてしまうといった状況が、金のために淡々と発展途上国で行われていることは非常に悲しいことです。

情報提供: 毎日新聞より

PageTop

コラム一覧へ戻る