• 女性ホルモン・更年期 早わかり辞典
  • 女性ホルモン・更年期 丸わかり辞典
  • 自分の体を知ろう 更年期チェック
  • 更年期を乗り切る サプリメント・治療法
  • HIROのメディカル・コラム

HIROのメディカル・コラム

モンスター患者が増えている

教育現場で不当な要求を学校側、先生に強引に通そうとする「モンスターペアレント(親)」が問題になっている今日この頃ですが、医療現場でもこのことが起きています。

病人を救うのは医療にたずさわる者すべての使命。これは誰でもわかっています。でも。限度を超える患者がいるのです。いわゆる「モンスターペイシェント(患者)」と言われる人たち。医師や看護師ら医療従事者らに不当な要求や嫌がらせをしトラブルをおこす人たちで、こういった人が実は増えてきて病院も困っているのです。

では、これらの人たちがどういったことをするのかというと、

1)自分の想定と違う診断が出たことに腹を立て、いつまでも大声を立て文句を言う。
2)症状が重くないのに入院したいと要求する。
3)昼間の待ち時間が長いので、夜、緊急でもないのに救急車を何度も呼ぶ。
4)女性看護師にセクハラ行為をする。

などといったことだそうです。

いくら、命や悩みを解決してあげたいと思っても、そこは人間。患者の行き過ぎたこのような行動は、心から救ってあげようという気持ちをそぎ落としますよね。こういった行動は立場がどうであれ、まさに医療従事者に対し無礼きわまりないと思います。「礼」を忘れた日本人が徐々に増えきているためなのでしょうかね。それとも教育が悪いのか・・・。

PageTop

コラム一覧へ戻る